バイクプラグ

バイクのエンジンを動かすのに必要なプラグの種類と選び方の大切さ!

エンジンに必要なガソリンと空気と火花(プラグ)がどれだけ大事かは適したプラグと適さないプラグを乗り比べて体験しないと分からないですよね!

ペンさん
ペンさん
ひき君わかるかな?
ひき
ひき
どう言うこと?
ひき
ひき
じゃ!火花を多く出せるプラグがあればいいんだよね!!
ペンさん
ペンさん
プラグにも色々な種類があるんだよ!
ひき
ひき
プラグを変えたばかりなのに、バイクのエンジンが掛かりにくい事があるんだけど!どうしてなんだろ?
ペンさん
ペンさん
各バイクに合ったプラグが必要なんだ!種類から説明するね!!
今のバイクは電機制御で空気とガソリンの配合は制御され安全に効率よく制御されています。

プラグの種類

プラグにも色々な種類があり、使用用途により使い分けが必要です。

大まかに分けて5種類のプラグを紹介します。
安いプラグネット販売価格が300円位のプラグ
スタンダードモデルネット販売価格が500円位のプラグ
白金モデルネット販売価格が1,500円位のプラグ
イリジウムネット販売価格が1,500〜2,500円位のプラグ
レーシングプラグネット販売で3,000円前後のプラグ

安いプラグは火花の出や火花が拡散してしまい燃焼が悪くエンジンが掛からないトラブルを引き起こすのでスタンダードモデルをお勧めします。

by カエレバ

 

 

白金モデルは高温時でも絶縁性が優れているのでプラグの過熱を防止ができ熱衝撃に強く急熱・急冷による絶縁体破損を防ぎます。

by カエレバ

 

 

イリジウムはトルクや加速感が体感できるプラグとなっていて耐久性も向上しているプラグです。が、バイクの状態により左右されます。

by カエレバ

 

 

レーシングプラグは中回転から高回転の伸びがよく着火性能が優れている反面、熱的トラブルや機械的トラブルの原因があるのでメンテがこまめにする必要があります。

by カエレバ

 

 

プラグの選び方

車両型式・エンジン型式・駆動方式・年式・グレード等を確認しメーカーホームページで車種適合を調べた上で購入してください。

プラグはNGKをお勧めします

プラグを購入した場合は先端部のL字の部分が90°になっているか確認してください。

先端のとんがっている部分と90°金具の隙間が重要なのでネットショップで購入し90°の金具が変形してた場合は返品してください。

各メーカーのプロに聞く事が一番いいと断言できます。
街乗りがメインであれば純正のプラグを勧められると思います。

プラグの交換時期

一般的なプラグは3,000〜5,000が交換時期とされています。

高価なMotoDXプラグは8,000〜1万Kmと長く使用できる。NGKのイリジウムと比べても、先端部が細さや小さい事が分かるので見比べてはいかがでしょうか。

バイクに乗り心地や高回転での伸びや吹け具合など長く乗っていると違和感を感じる事があるので違和感を感じたらプラグの先端部を見てみましょう。

プラグの良し悪し

バイクの調子が悪いと思ったらプラグを見れば分かるようになると楽ですよね!

プラグだけで判断はできないので目安としてください。

そこで!プラグの先端を見て

黒い交換時期が迫っているサイン
茶色い良好な状態
白い燃焼室のトラブルが起こっている可能性がある。

あくまで目安なので、そのまま放置するより違和感を感じたらバイク屋に持って行って調べてもらうことをお勧めします。

プラグ交換に必要な工具

バイク車種により14mm・16mm・18mmのプラグレンチが必要です。

3種類のプラグレンチどれを使えばいいかわからない場合はメーカーホームページをみて購入してください。

バイクにはメンテ工具が備え付けられているので無くした場合は購入して使いやすい工具を見つけてください。

by カエレバ

 

 

交換費用

プラグの交換工賃は4気筒のバイクを交換した場合は1万〜2万円で交換してくれます。

ご自身で数回、交換をしていれば問題は無いですが
初めて交換する場合はプラグの締め付け具合など失敗すると工賃が多くかかってしまうので注意して行ってください。

バイクオイル交換の効果!必要な工具と部品は?交換費用はいくら?バイクオイル交換の効果!実体験を詳細、エンジンの掛かりが悪い、燃費が悪くなった、など。オイル交換に必要な工具や部品のレンチ、手袋、オイルフィルターなど実際に使って使いやすいアイテムを紹介します。費用についても詳しく紹介します。...

お勧めプラグ

自分がお勧めするプラグは
一番安いプラグがお勧めです。

まとめ

プラグにも色々な種類がありプラグ価格も500円〜3,000円と幅広い種類がありましたね。

交換時期も一般的なプラグでは3,000Km〜5,000Kmが交換時期とされていて交換目安となっています。

一般的なプラグは高価なものではないし工具もプラグレンチがあれば交換可能ですが、エンジン内部の大切な仕事をしているプラグです。

エンジン内部の物であるために選び方を間違えるとパホーマンスを損ないトラブルの連鎖に繋がりかねないので慎重に選んでバイクライフを楽しんでください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です