バイクオイル

バイクエンジンオイルの『選び方』種類・グレードを徹底解説します!

バイクオイルはエンジン内を循環し摩擦で起こる熱を抑え潤滑の効果があり燃費にも大きく影響を及ぼします。

オイルはエンジン内の部品に油膜を作り各パーツを保護する役目もありますが、どのオイルを使っていいか最初はわかりませんよね。

バイクに適したオイルを使わないとエンジンの寿命を縮めてしまい取り返しのつかないことが起きます。そうならないためにはオイルの種類や成分を知ることで自分のバイクに適したオイル選びができます。

バイクオイルの選び方

オイルには『2ストロークエンジン用』と『4ストロークエンジン用』と分かれているので自分のバイクがどちらかを確認しましょう。

もし、『4ストロークエンジン』に2ストロークエンジンオイルを入れた場合は故障の原因になり誤って入れた場合は販売店やバイクショップに連絡して対処しましょう。

JASO認証と『MA・MA1・MB』の違い

  1. バイクオイルにはJASO(日本自動車規定)が決めた基準があります。
  2. MA・MA1・MA2・MBと摩擦係数の違いで表記されています。

通販で購入する際は『JASOマーク』があるオイルかを確認してから購入してください、バイクの使用目的合わせたオイル性能『MA・MA1・MA2・MB』から選びましょう。

オイル性能適用バイク
MA小型・中型のマニアルバイク
MA1大型のマニアルバイク
MA2高性能なマニアルバイク
MBスクーター

摩擦係数が少ない『MB』、『MA』は摩擦抵抗が高めで『MA1』『MA2』と順に摩擦抵抗が高くなりますが、小型・中型バイクに『MA1』や『MA2』を使ってはいけないとはないです。

エンジンオイルの役割

エンジン内部は金属部品の集合体で精密に作られ、その内部パーツは高速で回転運動や往復運動を行う部品が数多く組み合わされ摩擦によるエネルギーは部品の加熱による焼き付きなど部品損傷を招きトラブルの原因につながります。

部品損傷を避けるためにオイルを送り込み金属の表面に油膜を作りエンジン内部内の各パーツを潤滑させているオイルをエンジンオイルといいます。

4ストロークエンジンオイルはオイルポンプによってエンジンの各部品に循環され、摩擦軽減に役立ちますが、その役やりは『潤滑』『冷却』『密封』『洗浄』『防錆』などの仕事を果たしています。

オイルの仕事

潤滑金属同士の接触面の間に薄い膜を作り摩耗を低減する
潤滑油の役割です。
冷却エンジン内部にオイルを循環させ摩擦で生じた熱を冷やす
役割があります。
密封オイルは油膜粘土によってシール効果を発揮しピストンとシリンダーの間から
燃料ガスの抜けを通さない役割があります。
緩衝エンジン内部は回転や往復し高速運動をしている各パーツのクッション効果を
緩衝の役割があります。
洗浄金属同士の摩擦による金属粉や不完全燃焼によるカスなどをエンジン内の
汚れを洗い流してくれる洗浄の効果があります。
防錆エンジン内部は金属で作られ錆の原因となる酸素や水分を金属面に
触れないようにオイルの油膜でまもる防錆の効果があります。

エンジンオイルの種類

エンジンオイルは添加剤から製造され、原料となるオイルは『鉱物性オイル』『化学合成オイル』『部分化学合成オイル』『植物性オイル』に分けられエンジン内部を循環し冷却や洗浄などの重要な役割を果たしています。

一般的な4ストロークエンジンオイルは『鉱物性オイル』や『化学合成オイル』です。

鉱物性オイル

鉱物性オイルはガソリンや灯油などの原油から作られたオイルで、安いものからレーシング用など幅広く多用されているオイルです。

熱に弱く酸化しやすい特徴があります。

価格が安いので通勤や通学用で使用しているバイクに適しています。熱に弱く酸化しやすいので定期的なオイル交換が必要です。

化学合成オイル

化学合成オイルは科学的に合成され製造したオイルで、安定した分子成分を浸透できる高さは鉱物性オイル以上の働きがあり高性能で高価なオイルです。

熱に強く酸化しにくい特徴があります。

サーキット走行などエンジンの性能をフル活用するバイクに適しています。

部分科学合成オイル

部分科学合成オイルは鉱物性オイルと化学合成オイルを混ぜたオイルで性能や価格が中間で幅広く使われているオイルで鉱物性オイル8割と化学合成オイル2割を混ぜたオイルです。

鉱物性オイルの性能を向上させたオイルです。

長距離運転など仲間とツーリングしたり一般的なバイクに適しています。

植物性オイル

植物性オイルはひまし油を原油とし潤滑性に優れていて、レーシング用に使われていたが、外気の空気と接触すると酸化しやすく一般的には取扱は難しいです。

バイクオイル交換の効果!必要な工具と部品は?交換費用はいくら?バイクオイル交換の効果!実体験を詳細、エンジンの掛かりが悪い、燃費が悪くなった、など。オイル交換に必要な工具や部品のレンチ、手袋、オイルフィルターなど実際に使って使いやすいアイテムを紹介します。費用についても詳しく紹介します。...

オイルの粘度とグレード

エンジンオイルの粘度(硬さ)SAE(アメリカ自動車技術者協会)の分類により分けられ『10W-30』『0W-20』などの表記され数字が大きいければ粘度が高くなります。

W(ウインター)の前の数字は冷寒時の粘度を表し数字が小いほどより低温時で使用できる温度を表しています。

ー(ハイフン)後の数字は高温時の粘度を表し数字が大きいほどより高温時で使用できる温度をあらわしています。

オイルの粘度表

10W30
低温時の粘度高温時の粘度
数字が小さいほど寒さに強い数字が大きいほど暑さに強い
エンジン始動が良いエンジン保護に優れている
燃費効果があるエンジン消音効果がある

オイルメリット・デメリット

低粘度オイルメリットデメリット
低温でのエンジン始動が良いエンジン保護が不得意
燃費が良い
高粘度オイルメリットデメリット
高温でもエンジン保護が良い燃費が悪い
エンジン消音効果がある

0W-30と10W-30と違いがあり低温と高温の『差』が小さいほどベースオイルが良質とされ『差』が大きいほど良質な高性能オイルと一般的には言われています。

オイルグレードの表

オイルには粘度のほかにグレードがあり燃費・耐熱・耐摩擦などエンジンオイルに必要な性能を表す『API』(アメリカ石油協会)『ILSAC』(国際潤滑油標準化認証委員会)

APIILSAC
SA運転条件が緩やかなエンジンに使用し無添加オイル(ベースオイル)
SB最低レベルの添加物を配合したオイル、かじり防止・酸化安定性・
腐食防止性が改善されている
SC1964~67年型のガソリン車に使用し磨耗防止性・サビ止め
性腐食防止性・デポジット防止性が備わっている。
SD1968~71年型のガソリン車に使用しSCより高品質
SE1972~79年型のガソリン車に使用しSDより高品質
SF
1980年型以降の車に使用し、酸化安定性・腐食・摩耗防止性が向上
SG1989年型以降の車に使用し、エンジン長寿命化などSF以上の性能を
持っている
SHGF-11993年型以降の車に使用し、省燃焼性・低温始動性などが向上
SJGF-21996年型以降の車に使用し、せん断安定性はSHの性能を向上
SLGF-32001年型以降のガソリン車に使用しSLに比べ省燃費性・
オイル耐久性・酸化安定性の向上
SMGF-4
2004年に制定されSLに比べ浄化性能・耐久性能・耐磨耗性が向上
SNGF-52010年に制定されSMに比べ省燃費性能・触媒保護性能が向上

バイクオイル交換頻度

一般的には半年に一回が目安となりますが、走行距離で3,000〜5,000Kmに一回は交換と言われています。

ツーリングなど長距離移動を頻繁に行う方は空気中の酸素や水分によってエンジンオイルが劣化しオイル性能本来の力が発揮できずにエンジンを痛めてしまう恐れがあるので走行時に違和感を感じたら目安となる5,000Kmを走行前でも交換をおすすめします。

長期保管したバイクも同様に半年たたない場合でも交換をおすすめします。

まとめ

バイクオイルはエンジン内を循環し摩擦で起こる熱を抑え潤滑の効果があり燃費にも大きく影響を及ぼします。

オイルの粘度によって使い分けを行い自分のバイクライフや地域によってオイル選びを行いましょう。

初めてのオイル交換はバイク販売店や代理店などを利用しやり方を教えてもらえれば自分でもできる作業なのでトライしてみましょう愛着が湧きバイクライフが楽しくなります。

値段が高いオイルは交換頻度が少なくてすみ、やすいオイルは交換頻度が早くなります。が目安となる半年に一回はオイル交換をおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です