リード文を書いてみよう

リード文の書き方で記事に引き込まれる文章作りとアイテムを紹介します

記事の魅力を引き立てるのはリード文で決まってしまうほどの力があります。

今回はリード文から記事に引き込ませる文章作りについて解説します。

でも、リード文の書き方が重要だなんて最初は分かりませんよね!

リード文が重要?って思った方に向けて解説します。

リード文の重要性

困った事や知りたい事を求めて記事を見に来てくれた読者が最初に目にするのがリード文です。

リード文は読者にとって魅力的な記事だと思わせる事が重要です。

記事を最後まで読めばもっと得をする情報があるんじゃないかと記事を最後まで読んでくれる可能性があります。

  • ブログ内の記事を見てもらえる。
  • 滞在する時間が伸びる。
  • ASP商品の購入につながる。

ユーザーはリード文を見て『この記事に知りたい事がある』と判断して記事内容を見てくれます。

逆にリード文に必要な情報が無いと判断した読者は記事内容を見ないで離脱してしまいます。

判断基準となるリード文の目的を定める事が重要となります。

リード文の目的について解説します。

リード文の目的

何が目的で、誰に対して書いているかを明確にする。

目的はできるだけ1つに絞って書く事をおすすめします。

例えば
この記事では『リード文の書き方』が目的で『リード文の重要性』を知りたい人に書いている記事だと分かります。

  • あなたはリード文で悩んでいませんか?
  • この記事を読むと解決できますよ。

リード文の重要性を知っていれば記事内容を見てもらえます。

では、具体的にどう書いていけばいいか解説します。

リード文の書き方

いきなりリード文を書くのはやめた方がいいです。

記事内容を先に書く事をおすすめします。

記事内容も『見出し』を考え記事にしていくと書くやすくなります。

この記事の見出しは以下を見出しとしています。

  1. 重要性
  2. 目的
  3. 書き方
  4. 必要性
  5. 誘導
  6. 文字数
  7. まとめ

読者が知りたい内容を最初に伝えてます。

この記事では『重要性』を知ってもらいたいから最初にもってきました。

全ての見出しを埋めてからリード文を書くと読者が知りたい内容を見たら離脱するんじゃ無いかと心配するかもしれませんがそんなことはありません。

あなたもここまで読んでいますよね!
もっとお得な情報があるんじゃ何かと思いここまで来てくれました。

では、次にリード文の必要性について解説します。

リード文の必要性

リード文はスムーズに記事内容を理解してもらう為の下準備だと思ってください。

読者が最初にWebページで知りたい事を検索してあなたの記事を見た時にリード文が書いて無いと『何が書いてあるか分からない』となってしまいます。

内容は大事ですが、内容を見てもらうためにはリード文が必要になってきます。

私も経験がありますが、知りたい事をネットで調べているのに記事の見出しに興味が沸き『なんでこの記事を最後まで読んだんだろ?』思う時ありませんか。

共感できるリード文が書かれているからです。

共感できるリード文だと興味をそそりますよね。

そこには隠された『秘密』があります。

秘密の誘導について解説していきます。

リード文で誘導

読者の心を『掴む』これこそが隠された秘密です。

どうすれば読者の心を掴めるか知りたいですよね。

では、アイテムを紹介します。

人を操る禁断の文章術

読んで損はさせない内容となっています。

できるだけ短い文章で分かりやすく誘導できるのは人の心理を理解し応用する内容が詰まっています。

あなたもこの本を読めば人の心を『掴む』文章術が使えます。

短い文章と紹介してきましたが、どのくらいの文字数にするか悩みどころですよね。

リード文の文字数

リード文の文字数ってどのくらい書けばいいか迷いますよね。

基本は100〜200文字だと言われています。

ひきのブログでは基本は無視して短くしています。

文字数カウントを利用しカウントしたところ『142文字』でした。(普通だ💦)
文字数カウント(Sundry Street)
利用して見てください無料です。

あまり文字数を多くしてしまうと読者が『説明文なが〜い』と思い離脱してしまう事があり、短くまとめた方がいいと思っています。

まとめ

記事の内容をより良いものにしても読者の『知りたい』『分からない』を解決に導くにはリード文が重要になります。

リード文は1つの目的を解説できるように見出しを先に考え埋めていくと
スムーズな記事作りができます。

解決策は記事の最初に書いて読者の悩みを解決に導く記事作りを心がけています。

ブログでアフィリエイトをするのであれば人の心理を理解して誘導してあげると
購入に繋がります。

リード文の文字数に決まりはあまりありませんこの記事では『こんな悩みを抱えている人に』読んで悩みが解決できる記事だとアピールできる文章作りが大事です。

Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトの広告から本紹介となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です