記事の書き方基本とチェック

記事の書き方は基本ができていないと伝わらないって本当?

ブログでアフィリエイトを始めたけど記事の書き方が正しいか不安に思っていませんか?

初心者にとって自分の書いた記事に不安あるのは当然です。初めての挑戦でうまく書ける人はそう多くはいないと思います。

自己チェックをしっかりすれば自分の書いた記事を公開しても不安になる事はありません。

ひき
ひき
記事の書き方よくわかんないんだよね
ペンさん
ペンさん
記事の書き方の基本から見ていこう

基本の記事設計

  • 惹きつける記事作り
  • 魅力的な記事作り
  • 興味が湧く記事作り

読者が読みやすいように記事に『惹きつける』・『魅力的』・『興味が湧く』展開(ストーリー)がある設計を考える。

記事構成

  1. リード文
  2. 見出し(記事設計)
  3. 記事の内容
  4. まとめ

記事作りでは『見出し』を最初に書き『整理』し『記事内容』でユーザーの悩みを解決する『リード文』惹きつける・魅力的など、読者を引き込む設計を行い『まとめる』となり記事はシンプルな構成となっています。

見出しで見せる

見出し作りは記事全体の設計に直結する重要なパーツです。

  • 記事内容に引き込ませる
  • 記事内容を受け入れやすくする

見出し作成

  1. 大まかな見出し作り
  2. 見出しの整理
  3. 見出しの内容説明
  4. 見出しの見直し

記事作成で最初に記事内容を書いてしまうと伝えたい所が分からなくなりゴールが見えない状態になってしまうので『見出し』を決めてから内容を作成した方が記事全体がまとまります。

最後に見出しを『見せる見出し』に見直しを行う。

『見出し』の内容は『1つ』に絞り書くと記事全体の軸がしっかりとして読みやすい。

番人受けを狙った内容だとゴールが分からなくなり書き終えた後にだれの為の記事なのかが分からなくなる。

『対策』は記事を分けるか、削除する。

記事の内容

読者に最初に段階で悩みを解決しているか。

解決策を早く知りたい読者は自分に合った解決策は無いと思い離脱し解決策を探しに行ってしまいます。

具体的な答えを出してから内容の説明を補足してあげる事が重要です。

心理学マーケティングを使った記事の書き方を紹介します。アフィリエイトをするなら人の真理をうまく記事に取り入れ作成することにより購入確率が上がる可能性があります。記事作成の見本の一部を紹介します。...

記事の伝えたい所

  • 商品を売るのであれば魅力
  • 不安解決の記事は解決策
  • 補足は短く

伝えたい事が多すぎると文字数も比例して多くなり重要な所が分からなくなり伝わらないので注意です。

リード文

リード文は読者にとって魅力的な記事だと思わせる事が重要です。

記事に引き込ませる文章作りができていないと見出しまで辿りつかづに離脱してしまいます。

リード文の書き方で記事に引き込まれる文章作りとアイテムを紹介します記事の魅力を引き立てるのはリード文で決まってしまうほどの力があります。今回はリード文から記事に引き込ませる文章作りについて解説します。...

まとめ

記事全体を『まとめ』が一番大変な作業で報われない所です。なぜなら、大半の読者はまとめまで行かずに離脱する傾向があるからです。

少人数でも最後まで読んでくれる読者がいれば書いた方がいいです。

まとめ内容

記事文字数が多くなると最初の内容が薄れ覚えていない事がよくあり見出しごとの内容を一行ぐらいにまとめて読者に伝えてあげると記事内容がより印象に残るからです。

見出しごとの内容を一行にまとめ伝える。

ひき
ひき
記事の基本はわかったけど
公開するのが不安だな
ペンさん
ペンさん
それなら、自己チェックしてみるといいよ!

記事の自己チェック

記事を書いた後にチェックを行い見直しを行う事でより良い記事の作成を行いましょう。

ユーザーが満足できるか

ユーザーの必要とする基本的な内容や条件は記事として成り立っているか。

同じ事は書いて無いか

『見出し』の内容に同じ事が書かれていないか。

不要な要素は無いか

記事の内容で薄くなっている所、テーマとは関係のない部分は削除できているか。

明確な優先度は

ターゲットとなるユーザーの悩みに対して記事の優先度は決められているか。

記事のズレが無いか。

  • 文字数を気にして不要な事を入れていないか。
  • ユーザーに伝えたい事は何か明確になっているか。
  • 自分の経験や考え方が入っているか。

整理された文章か

who(いつ、誰に対して) 記事の書き方に不安がある方
what(どこで、何を) 記事の書き方
when(誰が、どんな時) 記事を書く時
where(なにを、どこで) ユーザーに対して
why(なぜ) 最後まで読んでもらう為
how(どのように) 基本的な記事の書き方
how much(いくら)値段はいくらか

基本となる記事の流れ、ここを抑えた記事作りになっていれば記事内容にブレがなくなり読者に伝えたい事が伝わります。

ユーザーの悩みを解決できる記事作り

自分の経験や感想を書くとどうしても言いたいことだけの記事になっている事が多く、読者にあまり内容が伝わらない記事になっていないか。

ユーザーの困っている事・知りたい事を記事を通し、より良い情報を提供できているかが重要です。

誤字・脱字がないか

公開後に記事を見直すと誤字や脱字などの間違いに気付く事がよくあります。

何時間もかけて作成した記事にはよくある事ですが、新規ユーザーにとっては『コレ違うよね』ってなり、記事の信用性に繋がります。

何度も見直しを行う事をお勧めします。

滞在時間を伸ばすホーム画面の作り方を紹介!PVを上げてみましょうブログで良質な記事を書いても読者に読んでもらえないと滞在時間が伸びないと悩んでいる方におすすめしたい滞在時間を伸ばすホーム画面の作り方を紹介します。記事ではテーマ『JIN』を使い操作方法となり記事のランキング形式にサイドバーに表示させます。...

まとめ

記事に展開(ストーリー)がある設計を考えると読んでいて読者が受け入れやすくなります。

最初にユーザーを引き込ませる『リード文』次に見せる『見出し』に読者を記事に引き込み見てもらえる記事作りが重要です。

『まとめ』の部分だけで記事全体の事柄が伝わるように短く伝えるようにしましょう。

記事の自己チェックではより良い記事作りで内容が『整理されているか』『重複していないか』見直しをしてみましょう。

よくある誤字・脱字ですが見直しは何度しても起こり得る事なので公開した後の記事を定期的に見直しチェックすることも大事です。

最後までご覧いただきありがとうございます。

記事リンクの貼り方が解らない方向けに手順をご紹介します。記事リンクの貼り方が解らない方向けに設定方法を紹介しています。リンク修正と削除方法も分かりやすく説明してあります。404エラーになりやすい情報も合わせて説明してあります。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です