パーマリンク設定をしよう

World Pressのパーマリンク設定が分からないを解説します

World Press初期状態でパーマリンクが必要ですよ!と言われ。

最初に思ったのは『?』でした。

なぜ必要?どんな仕組み?設定はどうすればいいの?

そんな事を思っているあなたにもパーマリンクの『必要性』・『決め方』・『仕組み』・『設定方法』を解説します。

まず、パーマリンクについて解説していきます。

パーマリンクとは

Webサイト上のURLの一部です。

https://hikik.net/worldpress/permalink/ 赤い部分がパーマリンクです。

Webサイトで調べ物をした時にアドレスバーに表示される文字です。

なぜ、必要なのか解説します。

パーマリンクの必要性

記事を公開した時に表示されるWEBサイトの名前(URL)は一度、登録し与えられた名前は更新しても変わることのないリンクとなるため必要なのです。

公開した記事に正しい名前を付ける必要があります。

では、パーマリンクを表示設定をしましょう。

パーマリンク表示設定

ワールドプレスの『ダッシュボード』→『設定』→『パーマリンク設定』の順にクリックします。

パーマリンクの設定は6種類あります。

パーマリンク種類表示内容
1、基本自動で数字が入ります。
2、日付と投稿名公開した日と投稿名
3、月と投稿名公開した月と投稿名
4、数字ベース数字(ID)が自動で入力
5、投稿名投稿名記事タイトルが自動で入力(任意で入力ができます)
6、カスタム構造カスタム構造設定項目の詳細で解説します。

おすすめパーマリンク

おすすめは『投稿名』です。

新規記事を公開毎に設定をしなければいけないですが、慣れると習慣になり設定し忘れる事はありません。

記事タイトルを入力した時に一緒に入力する事をおすすめします。

パーマリンク入力手順

ダッシュボードから投稿→新規記事をクリック

  1. 記事タイトルを入力
  2. 下書き保存をクリック

下書き保存をクリックすると記事タイトル下にパーマリンク入力画面が表示されます。

変更をクリックしパーマリンク部分を編集します。

何を入力していいか最初は分かりませんよね!
では、一緒に入力していきましょう。

パーマリンク入力方法

分かりやすいようにこの記事を例えて説明を進めていきます。

パーマリンク『編集』をクリックすると変更ができます。

ワールドプレスのパーマリンクの事を解説する記事なのでパーマリンクも同じように入力します。

(例)
ワールドプレスのパーマリンクの設定の仕方を解説

英語(単語)で入力

WorldPress/Permalink/How to set

このように英語(単語)で設定してあげるとURLを見た時に何の記事が書いてあるか分かりやすくなります。

『 WorldPress/Permalink』でもいいと思います。

パーマリンクの記事を分けて複数公開する時は参考のようにしてください。

パーマリンク入力時の注意点

日本語で入力した際にアドレスバーの表示が訳の分からない文字が並びURLを見返した時に『?』になります。

また、記事にリンクを貼り付けた際にリンク切れを起こす可能性があるので注意です。

記事を『公開』するたびに設定が面倒と思う方には『カスタム構造』をおすすめします。

カスタム構造設定項目の詳細

パーマリンク種類表示内容(左から)
%year%投稿年(例:2021)
%monthnum%投稿月(例:03)
%day%投稿日(例:20)
%hour%投稿時刻の時間(例:08)
%minute%投稿時刻の分(例:20)
%second%投稿時刻の秒(例:30)
%post_id%ページごとに割り当てられたID
%postname%投稿名(記事タイトル)
%category%カテゴリーページのパーマリンク
%author%著者

新規記事公開するたびに自動で入力されるので都度、入力する手間をはぶけます。

設定方法は簡単で先程のパーマリンク設定画面からカスタム構造を選び10項目から複数選択可能です。

選択順により表示名が前後します。

カスタム構造おすすめ表示

カスタム構造のおすすめは『%post_id%』です。

新規公開した時に『数字』が自動で割り当てられます。

旅行ブログやその日の出来事などを記事として公開する場合は『%year%』+『%monthnum%』+『%day%』を組み合わせ公開をすると、その日の出来事を見返す時や調べるのに便利になります。

『%day%』22日の出来事を公開し23日に更新をした場合はパーマリンクの表示は23日となるので注意してください。

ワールドプレスを初めて触った方にとってはパーマリンクの設定が自動でできるのであれば忘れる心配はありませんよ。

では、仕組みについて解説します。

パーマリンクの仕組み

パーマリンクは出来るだけ英語(単語)をおすすめしましたが、英語意外にも記号が使えます。

『/』(スラッシュ)『-』(ハイフン)『_』(アンダーバー)などの記号が使える仕組みとなっています。

適切なパーマリンクを設定してあげるとGoogleから検索されやすくなります。

GoogleはシンプルなURLを付けるように勧めています。

検索上位表示を目指すのであれば『適切な設定』『シンプル』を心がけパーマリンク設定をしてあげると検索されやすくなる仕組みとなっています。

パーマリンク設定後の変更

基本パーマリンクは変わることのない名前URLですので設定した名前は変えない方がいいです。

変えてしまうと404エラーと表示され記事が見れない状態となってしまう可能性があります。

404エラーが出た時はプラグインでも対処可能と言われていますが、パーマリンクを変更していないのにエラーがでた場合は専門的知識のある方に依頼するか、サーバー会社に相談をおすすめします。

リード文の書き方で記事に引き込まれる文章作りとアイテムを紹介します記事の魅力を引き立てるのはリード文で決まってしまうほどの力があります。今回はリード文から記事に引き込ませる文章作りについて解説します。...

まとめ

初期状態からのパーマリンク設定をしてあげると後々、公開後のトラブルを避けられるのでしっかりと設定をする事をお勧めします。

記事をまだ公開していない方は色々なパーマリンク設定を試して自分にあった設定を探して見てください。

パーマリンクの設定は読者に伝わりやすくシンプルにを心がけ設定してあげればGoogleの評価もいいものとなると思います。

パーマリンクの設定後の変更はやめた方がいいです。

経験者ですが、パニックに陥ります。

対処法はインターネットでググると出てきますが自己責任で作業はすすめてください。

最後まで見ていただきありがとうございます。

雑記ブログと特化ブログの特徴と集客と収益を考えたらどっちがいい?雑記ブログは趣味や日記など色々なテーマを複数の情報を取り扱って情報発信するのが一般的です。特化ブログは一つのテーマを軸に構成されているため専門性が高いのが特徴です。集客や収益を考えたらどっちを選んだ方がいいのか解説します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です