worldpress始め方

夏のバイクオイルの選び方やメンテ方法の重要性を徹底解説します。

夏と冬でバイクオイルを変える必要性があり夏は粘土の高いオイルを入れてあげると
高回転までエンジンが回り吹き上がりの違いが分かると思います。

ひき
ひき
夏と冬でオイルを変えないとどうなるの?
ペンさん
ペンさん
プチツーリングなど少しの距離なら
バイクに合う推奨オイルで十分だよ。
ひき
ひき
夏って何月から?
ペンさん
ペンさん
6月〜10月を目安にしてるよ!
ひき
ひき
粘土はどれくらい上げればイイ?
ペンさん
ペンさん
これから解説するね!!

夏のバイクオイルの選び方

夏になると外の温度が高くなりエンジン内部の温度も高くなります。

適したオイルを入れないとエンジンの吹き上がりが悪くなったりした
経験があるかと思います。

その原因は「オイル」の粘土が夏場の温度に合っていない状態を
バイクが教えてくれているんです。

ひき
ひき
オイルの粘土って?
ペンさん
ペンさん
オイルに記載してあるんだ!

オイルの粘土

粘度のところに『10W-40』記載された意味は『10W』は低い温度のこと指し低温粘度『40』は高い温度のこと指し高温粘度を表しています。

エンジン温度と外気温度で何℃〜何℃までの間で使えますよと表しているのです。

寒い時にエンジンがかかりにくいのはオイル温度が下がると粘度が高くなり、粘りが強くなったオイルがエンジンの始動を悪くしているからなんです。

10Wは冬時の低い温度でオイルで外気温が約−25℃でもエンジン始動ができるとされていています。

オイルの重要性

エンジン内部は金属同士が摩擦を繰り返しバイクを動かしています。

なので、金属疲労や摩擦による劣化を防ぐ為にオイルが金属に油膜で
保護をしているんです。

夏場は粘土が低いオイルを使うと油膜が剥がれやすくエンジン内部の
保護ができなくなり吹き上がりが悪くなる事があります。

硬いオイルのメリット・デメリット

硬いオイルは油膜が剥がれにくく金属保護ができる
「メリット」がありますが

「デメリット」としてオイルが硬い為に燃費が悪くなり
オイルが温まるのに時間がかかる。

ご自身のバイクライフに合わせてオイル選びをしてみてはいかがでしょうか!!

推奨オイル

ご自身のバイクのメーカーサイトに「推奨エンジンオイル(SAE粘土)」と
記載があると思います。

ぼくのバイクの推奨エンジンオイルは「10W-30」と記載がありますが、
普段は「10W-40」のオイルを使っています。

長距離のツーリングをする事が多く高速道路も利用するので
硬めのオイルを使っているんです。

夏場になると普段使っているオイルのグレードを上げています。

お勧めオイル

by カエレバ

 

グレードを上げるとお値段も上がりますが、
エンジンの吹き上がりの違いが分かると思うのでオススメします。

バイクエンジンオイルの『選び方』種類・グレードを徹底解説します!バイクオイルの選び方と役割と種類を紹介します。性能を知ることでオイル選びの参考にしてオイル交換頻度の目安にしてください。エンジンオイルはエンジン内部部品の各パーツを保護を行い燃費性能にも大きく影響され冷却・密封・洗浄・防腐効果があります。...

メンテ方法

バイクオイル交換時期は走行距離で大体ですが
3,000〜5,000Kmに一回は交換と言われています。

オイル交換2回に対してフィルターを1回交換して
エンジン内の汚れを溜めないようにしています。

バイクオイル交換の効果!必要な工具と部品は?交換費用はいくら?バイクオイル交換の効果!実体験を詳細、エンジンの掛かりが悪い、燃費が悪くなった、など。オイル交換に必要な工具や部品のレンチ、手袋、オイルフィルターなど実際に使って使いやすいアイテムを紹介します。費用についても詳しく紹介します。...

まとめ

夏場は冬と違い気温が高くエンジン内部の温度も高くなり
エンジン内部の金属を保護するオイルが剥がれやすくなります。

普段使っているオイルの1段階上の硬いオイルを使うと
エンジンの吹き上がりの違いが分かると思います。

ご自身のバイクメーカーサイトの推奨オイルを確認してから
オイルの購入をオススメします。

メンテナンスは3,000〜5,000Kmに一回は交換すれば
バイクを長く乗る事ができると思います。

冬のバイク保管はオイル交換が必要!メリット・デメリット徹底解説冬時期のバイクオイル選びは重要になり、寒い時期でもバイクに乗る方はオイル選びの参考にしてください。冬時期のバイク長期保管する方は走行距離と期間を目安にオイル交換をしてください。劣化したままのオイルをそのままにしておくとエンジン内のサビが発生する恐れがあります。...

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です