SSL設定をしよう

SSLとは!を解説し重要な設定方法を詳しく紹介します。

ブログを始める時にSSLの設定が重要な事だとは知りませんでした。

私と同じように思っている方に教えてあげたいSSL化の重要性。

SSL?って何?そんな疑問をお持ちの方に向けて解説します。

SSL

始めにSSL化をしないと、どうなるかSSLの重要性を解説します。

SSL化の重要性

  • 個人情報流失の恐れ
  • サイト内部情報の改ざん
  • 表示速度が遅くなるなどが挙げられます。

また、GoogleのChrome上でサイトをSSL化しないサイトは『保護されいません』とアドレスバーに表示されユーザーに怪しいサイトと誤解されてしまいます。

他にも、検索順位にも影響を及ぼしアフィリエイトを始める際には不利な状態になってしまいます。

より良いサイト情報を発信するのであれば必要になる設定です。

では、SSLはどのような仕組みなのか解説します。

SSLの仕組み

サーバーとパソコン間での送受信の通信を安全に保つ役割をはたし、個人情報・サイト内部の情報など重要なデータを保護するために暗号化し安全に情報をユーザーに届ける仕組み作りとなっています。

ご自身のサイトは大丈夫ですか?

簡単なので確認してみましょう。

SSL確認方法

ご自身のサイトを携帯端末で確認ができます。

アドレスバーに『http://自身のURL』入力してみてください。

『保護されていない通信』と表示された場合はSSLの保護をお勧めします。

ご自身で調べ物をする際にアドレスバーに『保護されていない通信』と出たサイトは個人情報の入力は控えた方がトラブル防止を未然に防げます。

では、設定をしていきましょう。

SSLの設定方法

設定項目は2種類あります。

サーバー側の独自ドメインの設定(2段階)とワールドプレス側の設定の合わせて2種類あります。

サーバー側の設定から行っていきましょう。

独自ドメインSSL設定

設定対象の独自ドメインは『ロリポップ』です。

無料で設定が可能なので、1段階目の設定から行いましょう。

1,ロリポップにログインします。

2,サイドバーの『セキュリティ』から『独自SSL証明書導入』をクリックします。

3,『無料独自SSLを設定する』をクリックします。

4,画面上に赤い文字で『SSL保護無効』と表示がある右隣に『独自SSL保護(無料)を設定る』をクリックします。

画面上の表示が『SSL設定作業中』に変わります。
(設定作業には10分〜30分ぐらいかかります)

5,確認方法として

先程の独自ドメイン設定画面で更新し『SSLで保護されているドメイン』をクリックし青い文字で『・SSL保護有効』と表示されます。

SSL設定作業中』の場合は時間を置いてから確認してみてください。

独自ドメイン側の設定(1段階目)は完了です。

・取得ドメイン会社へ!

GMOペパボ株式会社ムームードメイン
エックスサーバー株式会社エックスドメイン
お名前.com登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」
Rebyc株式会社エルドメイン

ワールドプレスSSL設定

  • ワールドプレスにログインを行います。

『ダッシュボード』→『設定』→『一般』の順にクリック

一般設定画面上の『WordPress アドレス(URL)』項目と『サイトアドレス(URL)』項目の入力欄を変更します。

http://ご自身のURL』→『https://ご自身のURL

s』を入力し下にスクロールし『変更を保存』をクリックします。

ログイン画面に戻るのでログインをしアドレスバーに『保護されていない通信』から
『鍵のマーク』に変わります。

SSL化の設定は完了ですが、今の状態だと中途半端な状態です。

冒頭でのSSL確認方法のアドレスバーに『http://自身のURL』『s』を
消した状態でサイトを確認すると『保護されていない』状態となってしまいます。

では、アドレスバーに『http://自身のURL』と入力しても『https://自身のURL』が付いた状態にする方法を解説します。

FTP設定方法

1,ロリポップにログインを行います。

2,『サーバーの管理・設定』から
『ロリポップ!FTP』をクリックします。

3,ロリポップレンタルサーバー『FTP画面』に進みアップロードフォルダー名をクリックします。

4,ファイル名の中から『.htaccess』をクリックします。

5,見慣れないコード(文字)画面が表示されるので下にスクロールし『ダウンロード』を行うか、コードのコピーを残してから次の作業を進めましょう。

6,下記のコードを『Indexes,php[L]』から改行をし貼り付けを行います。

RewriteCond %{HTTPS} off RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

ダウンロードボタンを押しコードを保存をしてから実行をおすすめします。

コード貼り付け後

7,先程の画面から下にスクロールし『保存する』クリックします。

8,最終確認をしてみましょ。

アドレスバーに『http://自身のURL』『s』を
消した状態でサイトを確認すると『鍵のマーク』の状態となります。

SSL化のタイミング

SSLの設定は初期状態のタイミングで行わないと、後々に大変な作業が待っています。

独自ドメインFTP既存のコードを間違えて消した場合はワールドプレスデータが消える可能性があり、最悪の場合はログインすらできない状態になるかもしれません、その際はサポートから電話対応となるため、コードのコピーは必ずするようにしてください。

レンタルサーバー無料で使えるお得情報とやっておきたい設定を紹介!ブログを始めるのに必要なレンタルサーバーが無料で簡単に始められるお得情報を紹介、プラン選びからサポート内容を解説しWordPressを簡単にインストールでき初心者におすすめできる情報と口コミ、メリット・デメリットをお届けします。...

まとめ

ワールドプレスを始める時に設定をする『SSL化』始めたばかりの方にはハードルが高いと思いますが自分自身と大切なユーザーを守る大事な設定です。

FTP設定はコードを追加するだけでできますが
一歩間違える大変な事になるので慎重に行いましょう。

エックスサーバーはワールドプレスを始める時にはコード編集の追加等を行わずに
始められるので初心者にはおすすめです。

WordPressを始める方におすすめする教本7冊をご紹介しますワールドプレスを基本的な使い方を紹介している初心者向けの本から中級者向けの本を段階別で紹介します。副業でこれからブログを始められる方にもオススメできる本をご紹介します。WordPressをカスタムしたい方にもおすすめできる教本も合わせて紹介します。...

最後までご覧いただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です